気功で健康快適生活

長い歴史に基づいた気功の知恵を知って快適な生活を送りましょう。

楊秀峰宮廷気功養生院の気功教室、を開催します。

f:id:kikoude:20171026135839j:plain

王汀


「気の超美容法~<健康>と<キレイ>を手に入れる」

起床から就寝まで、家庭・職場・外出先等でチョット時間ができた時に練習できる気功法をご紹介します。
「宮廷21式呼吸法」をはじめとする楊秀峰気功のエッセンスが詰まっています。

12月2日(土)
13時30分~14時45分
会場 四谷、楊秀峰気功養生院

受講料 2500円(税別)・テキスト代 1200円

申し込み方法
電話 03‐5919‐0383  fax 03‐5919‐0384
メール  21tiandi@gmail.com

 

優雅で華麗な宮廷【気功】

中国清王朝の宮廷で生まれ、現代に受け継がれた秘伝の

【気功法】それが、宮廷21式呼吸法です。

優雅な音楽に合わせて舞うような動き、同じ動きを3回ずつして

30分、瞑想をしているような感じもします。

こんな優しい動きで身体全体に【気】を巡らせて、自然治癒力を高めることができるなんて、本当に素晴らしい!!!

 

健康になる 気功 ~宮廷21式呼吸法~ [DVD]

健康になる 気功 ~宮廷21式呼吸法~ [DVD]

 

 

自分に合った【気功】を探す

【気功】を難しく考える事はありません

楊秀峰先生の【気功】は中国清朝の宮廷内で行われていた
【気功】です。優雅な音楽に合わせて「宮廷21式呼吸法」を
中心に自分の調子に合わせてできます。
誰もが持っている自然治癒力を引き出し、体調を整えて健康的な
体質を作ります。

  楊秀峰宮廷気功養生院 NHKエンタープライズ発行の
   「健康になる気功」でも練習できます。

 

健康になる 気功 ~宮廷21式呼吸法~ [DVD]

健康になる 気功 ~宮廷21式呼吸法~ [DVD]

 

 

【気功のしくみ】の秘密、お教えします。

【気功】って、つまりはどういうこと?

【気功】は、カラダのなかにめぐっている【気】をコントロールして、さまざまな効果を生む健康法。
中国では5千年の歴史があるといわれています。
ヨガや太極拳も【気功】の仲間です。

【気功】は、中国医学のひとつです。中国医学、ひとのカラダを「小宇宙」といって、自然のなかの一部と考え、カラダの自然治癒力を高めて、健康を保つための方法です。
例えば風邪をひいたら、西洋医学は「咳止めや解熱剤を飲む」と部分的に判断し、症状を薬で抑えますよね。
中国医学では、カラダを全体でみます。
咳や熱は、本来のバランスが崩れた結果です。内臓機能や代謝を高めて、「カラダ全体を良くする」治療になります。
そこで、開発されたのが 【気功】です。   (王汀談)

【気】の通り道が経絡・「午前1時~3時」は心と体に重要な時間帯

人間の生命エネルギーを司る【気】。 その通り道にあたるのが経絡です。主な経絡は12本が体の中に張り巡らされ、それぞれが五臓六腑につながっています。鍼やマッサージなどで用いるツボは、この経絡上にあるポイント。経絡が「線路」ならツボは駅にあたります。

中医学では、24時間を12等分して考えます。それぞれの時間帯は12の経路に対応します。ある臓器にトラブルがある場合、その臓器の経路に対応する時間帯に症状が出やすく、保養する場合は、経絡に対応する時間帯にケアを行うことが有効とされています。

特に「1時~3時」は注目です。この時間帯に対応する経絡は肝経

「肝」の経路です。肝経には、肝臓機能そのもののほかに、【気】を司る働きがあります。この時間帯にしっかり睡眠をとると、「肝」が元気になり、【気】の働きにより心身ともに健康になれるというわけです。「肝」を休めないと、血液を浄化する機能や血の巡りが落ち、イライラしやすくなったり、生理不順などの不調に悩まされたりすることに。忙しい毎日を送る人も、夜中の1時までには眠りにつくようにする事が大事です。

気功的食養生で、理想の体型をキープ

「気功的生活」は呼吸法、食事、生活習慣が整ってはじめて「気」のバランスがとれ実現します。

気功食の考え方の根底にあるのは、「自然に従って生活する」という中医学の考え方。「自然のものをとる」ことが大原則です。科学的に手を加えられたものでなく海や土からとれたもの、その季節にとれる旬のものをとるのが基本。
自然の空気、水、太陽の下で育ったものは、「気」のパワーが強く人間の体の自然治癒力を高めてくれます。

こうした「気功食」の教え方は、健康的にダイエットしたい女性にとって非常に役立つものです。

プチ気功 緊張をゆるめて集中力アップ!

会議やプレゼンなど、人前で話をするときは緊張がつきものです。本番になるとドキドキしてうまくしゃべれないという人は
気功で行う「丹田呼吸法」を覚えておくといいですよ。
丹田はおへその下にあり、人間にとって最も大事な所のひとつ。丹田を意識すると、全身の「気」のバランスがとれ、緊張がやわらぎます。
ストレスや不眠、頭痛、肩こり、体のだるさなど、良くある不調の解消にもつながります。

f:id:kikoude:20171029164139j:plain

1)おへその下にある「丹田」に両手のひらをあて、目を閉じます。 意識を「丹田」に集中させながら、鼻から深く息を吸い、
おなかをふくらませます。
2) たっぷり吸ったら、おなかをへこませながら口から息を吐いて、これを繰り返しましょう。

 

訪問気功・ あなたのリビングで気功教室を開いて見ませんか いつものパーティーに 元気をプラスして見ませんか